株式会社ダイカン 代表取締役仁義 修が思いのままにつづる気まぐれ日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜咲く頃に思う事
DSC_2063s

今年の冬は寒くて、桜の開花がどうなるのか??
実は、いつもの年に比べてとても気にかけていました。
というのも、ここ数年桜が咲く頃にベトナムに滞在してたので、
久しぶりに春を満喫しています。

「桜が咲く頃」というと、新入社員の季節。
今年も元気な4人が当社に入社してきました。
高校を卒業したばかりで、初々しいという形容詞がぴったりの4人です。

今朝の朝礼で「慣れる」という話をしました。
「慣れ」は、自分の仕事を難なくやれてしまうパワーをくれる反面、
創造性を削ぎ、現状に満足させてしまう毒気もあります。
しっかりとした「目標」=「期限付きの夢」=「未来の理想像の自分」を
いつも意識していないと、この「慣れ」は自分の成長や進化を妨げる
魔物に変わります。
でも、この魔物はよく見ると自分の分身です。
人は、自分で自分の限界を決めてしまいます。
この事を理解できると、もっと挑戦的に仕事に取り組むことが出来ます。
「根拠のない自信」を持つことを最近忘れていませんか?

桜の木の下で、ちょっと一休みしたら、また走り出そう…


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。