株式会社ダイカン 代表取締役仁義 修が思いのままにつづる気まぐれ日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
停電時のシャワー
tpilet_VN.jpg

ベトナムの民家には、基本的に湯船がありません。
シャワーが基本です。
シャワーとトイレが兼用になっているのが一般的です。

さて、いつものように朝6時20分に起床
身支度を済ませて、さぁシャワーを浴びるぞと思った瞬間。
停電 

電気がなければ、温水器が使用できません。
まぁ、暖かい気候なのでそれほど辛くはありませんが、
夏の大阪でも朝シャンを水でってなると辛いですよね
文句を言っても仕方なので、苦行だと思って水浴び・・・
でも、実はそれほど冷たくありません。
屋根の上に給水タンクがあるので、ぬるい水になっています。

ベトナムで暮らすと、停電に慣れてきます。
最初は、凄くがっかりしましたが・・・
いまでは、「しゃぁ~無いは」の呟きで終わります。

シャワー室のドアを半開きにし、
薄暗い中でシャワーを浴びながら、
日本で停電が慢性的に起こったら大変やなぁ・・・
電気が供給されるということは、当たり前の事じゃないんだ・・・と
モノの有り難味を感じる朝でした。
スポンサーサイト
バイクで初出勤
Xin Chao!

前回のベトナム出張で手に入れたバイク 
今日は、念願のバイク初出勤
難所のAMATA前交差点を抜けると直ぐに、AMATA工業団地に入ります。

0217_s.jpg

若干緊張な面持ち・・・ 


0215_s.jpg

バイクの波に飲まれながら、AMATA ROADを進みます。
7時過ぎが、本当に混雑・・・
写真では分かりませんが、青梅マラソン状態。
数千台のバイクが、各々の職場に向けて走ります。


0218_s.jpg

緑のバイクが、道路わきのグリーンベルトの緑に映えます・・・
8月のBien Hoaは、朝夕はすずしくバイクで流すのにとってもいい気候です。
街で、バイクを運転する私を見かけたら、お声がけください。
DAIKAN ベトナムのエントランスサイン
工場がオープンして1年以上たつのに、会社の顔を言うべきエントランスサインは、
カッティングシートで、ロゴを切り抜いたものが貼ってありました。
正に、紺屋の白袴

忙しさもあって、なかなか自社の看板に気がまわらなかったのですが、
ようやく念願のサインが出来上がりました。

sign01.jpg
もともと、貼ってあったカッティングシートを剥がし、
壁面を綺麗に掃除・・・

もちろん、取り付けは研修も兼ねベトナム社員で行います。

sign02.jpg

原稿を貼り付け、穴なけ作業。
ベトナム工場で作ったLEDサイン「ルミレター」とステンレスの箱文字を取り付けます。
御影石って普通は、かなり硬いのですがドリルでスイスイあいちゃいます。

sign03.jpg

とは言え、ロゴ下にある小さな文字は、穴あけが大変なので・・・
SUS箱文字に両面テープ・・・?? 
両面テープの耐久テストも兼ねてこの仕様を選びました。
日本製の両面テープが、ベトナムの湿度に耐えれるのか??

sign04.jpg

LEDサインのバックアップ板を壁に取り付けます。

sign05.jpg

やはり、ベトナムは南国・・・
太陽の日差しは強力途中で即席の日よけが登場です。

sign06.jpg

配線作業も済ませ、一日がかりで取り付け完了

sign07.jpg

点灯テストも無事に終わり、作業完了

お迎えの、ドイツ系企業がこの看板を見て、内の会社のも頼むと言われました。

現在、ルミレター生産の30%がベトナム工場で生産されています。
もう少しで、お手ごろ価格でお客様に提供できる予定です。

よろしくお願いいたします。m(__)m 

ナンバープレート
bang so xe

あれこれ、手続きに手間取りましたがやっとナンバープレートが届きました。
車検証もゲット

ベトナムでは、警察に止められた時に必要なのが、運転免許証よりも車検証が重要だとか?
まぁ原付の場合は、免許無しで運転できるので免許証は問題外ですが、
バイクの盗難が多いので、止められたら車検証がないとかなり問題になるらしい
無免許の人が多いから、免許の取締りしても無駄なのか??

次回の出張から、通勤が楽しみです。
Viet ライダー デビュー
Xin Chao!

ついにバイクを買ってしまいました。
こちらでは、50ccのバイクは免許無しで運転することができます。

xe may01

バイク屋へ行って、赤、黄、黒、ゴールド、紺、とあり迷ったののですが、
KAWASAKIのバイクは、ライムグリーンがTeamカラーだという思い込みから、
この色にしました。(^^)V

xe may02

前には、カゴ着いています。 雨合羽を入れます。
バックミラーを四角に変えたいと思っています。
そうそう、ベトナムではバックミラーは法律で取付けることが
もちろん決まっていますが、ほとんどのバイクが左側のみ
しかも、こんなの見えないよという位小さいミラーを
取付けています。
でも、ミラーが小さいと警察に捕まり罰金になります。
今年の9月から、バックミラー2本が必要になるとのこと・・・

xe may03

このバイクは、タイで製造されベトナムで組立てられているとの事。
バイク店から会社まで乗ってきましたが、
既に色々と不具合でてます。
フロントフォークとか、フロントブレーキとか、チェーン周りとか・・・
因みに、新車は1ヶ月間ナンバープレート無しで走れるらしいです。^^;

xe may04

これで私もまた一歩、ベトナム人に近づきました。(^^)V

因みに、ベトナムの交通事故は非常に多いです。
旅行される場合は、道路の横断、バイクでのひったくり等
ご注意ください。

また、50%のベトナム人は運転免許を持っていないとか・・・
ベトナムの美術学校
今日は、新卒学生の採用準備もかねて、ベトナムはドンナイ省ビエンホア市にある
美術学校を訪ねました


artschool01.jpg

ちょうどこの日は、メディア課の卒業制作発表会の日で個人・グループあわせ
延べ60名以上の方が1日かけて発表します。


artschool02.jpg

自己紹介のあと、自分が作った作品を解説します。

artschool03.jpg

その後、PVが2バージョン上映され・・・

artschool04.jpg

学校の教授からと、国営企業の役員から質問と評論を受けます。 
結構シビアな意見がビシバシ学生に飛んでいきます。 ^^;


artschool05.jpg

受けた質問に答える学生・・・

この学生でなく、どの学生もしっかりとした意見を持っており、
会社役員の質問に堂々と答えていました。

発表会までに、各学生の成績は決まっているそうですが、
最終的に企業の役員の意見が反映され最終的な成績になるとのこと・・・

ベトナムには、こうした若い人が自分の未来を切り開こうと、
希望に満ちたエネルギーで充満しています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。